Page Top

[中古 VS 新築]失敗しないマンション選びのコツ

綺麗な物件を手に入れるなら築浅の中古物件が狙い目!

新築マンションのメリットは、何と言っても、きれいで設備が充実していることです。ま た、ローンや税制の面でも有利な場合があります。一方デメリットは、同じ立地なら中古と較べて高いことです。また、エリア限定で探している人にとっては、希望の物件が売りに出されていない場合もあり、購入のタイミングが難しいこともあります。

中古マンションのメリットは、まず、割安なこと、実物を目で見て確認できることです。一方デメリットは、内装状態が悪いものはリフォームが必要になること、また設備が新築に較べて見劣りすることがあります。しかし、最近では築年数の新しい物件も出ているので、設備に重点を置く人は、こうしたマンションを狙うのもひとつの方法です。

重要なことは細かい文字の中に隠されている!

不動産広告は、間取や外観、室内写真など物件の特徴が示されている部分と、物件の概要や法令での規制、各種注意事項などが書かれている部分があります。大きく掲載されている写真などに目が行きがちですが、細かい文字で書かれている部分もよく見ておくことが重要です。また広告により不動産会社の信頼度も分かります。「最上級」「希少」などの表現が見られる誇大広告を実施している不動産会社には注意が必要です。

徒歩●分には注意!雰囲気や街の構造を自分の足で確かめる!

最寄り駅から物件までの距離、所要時間などは、実際に現地を訪れて確認することが重要です。例えば「徒歩○分」は女性の足だともう少しかかるかもしれません。また周辺環境や駅からの道のりなどは、曜日・時間帯などを変えて、何度か訪れてみることが重要です。実際の生活をイメージして現地見学をすると、思わぬ発見も多いものです。

お問い合わせ

タレントマネジメントシステムに関することならお気軽にご相談ください。
電話でのお問い合わせ
(平日:10:00〜18:00)
フォームからのお問い合わせ
ご相談・ご質問・資料請求